So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

シアターガイド HP/FB 劇評3の記事 [ミュージカル]

 シアターガイド 4月号
 Endless SHOCK 堂本光一  特集に記事掲載がされました。

 HP/FB 劇評3の記事 でこのように書かれていました。

同じ舞台でも、それぞれ自分の専門分野や興味深い視点を中心に観劇され、11人が11人ともいろんな違った評価をされて、それがとても面白かったです。

そしてその感想を総合的にまとめると、エンターテイナーとして、演出家として、役者として、座長としての光一君や、光一君率いる「SHOCK」カンパニーを高く評価して下さっており、とても、とてもありがたかったです

読みながら「光ちゃん! ずっと『SHOCK』を頑張って来て本当に良かったね~」と胸が熱くなりジーンとする事もありました。

伏せます

本文より抜粋あり

千早正美さん 日本大学教授
最新技術を駆使したオリジナルミュージカル

登場人物の葛藤、そして動きに表出する緊迫感などが、和太鼓奏者(石川直・日野一輝・田矢聡)の演奏と相まって衝撃のあるパフォーマンスとなり、それぞれの場面を大事にしながら照明と映像が共存し、壮大な場面を創り出している。
スピーディーな場面転換(盆や迫りを有効に使用)や衣装替えもこの作品の見せどころだろう。
客席の天井に組まれたフライングシステムによって、ワイヤー一点吊りでのフライング、下りてきた赤い布を両腕に巻き、ワイヤーレスで華麗に客席上空を舞うコウイチ。
また、出初め式を思わせるハシゴ乗り、満天の星を舞うフライング。
息を飲むようなシルク・ドゥ・ソレイユ並みの空中での演技も素晴らしい。

照明家・勝柴次朗のデザインは、空間領域を十分に理解しながらドラマ進行に適したライティングを施している。
そして的確な描写は緊張感をも醸し出している。
全体を通して演出構成も良く、歌、ダンス、日舞にフライング・アクションや殺陣も華やか圧倒された。
エンターテインメント・ショーとしても楽しむことができ、見応えのある作品に仕上がっている。

舞台のコーディネイト・演出・照明・劇場技術・舞台監督なども手掛けておられる方だけに、主に照明など演出面に視点を置いた劇評で、とてもありがたい評価だと思いました。

同じ舞台を観ているのに、赤川さんとこれほど感想が違うのも何だか面白いと感じました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

劇団四季 『ノートルダムの鐘』 [ミュージカル]

【速報】劇団四季
 海外新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』、12月上演決定!
  詳細は、こちら  http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/027450.html160229hnd01-thumb-640x450-17109.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

最近感じたこと [劇場]

  
 テレビの生放送番組やコンサートなどで使用され、多くの人々に親しまれた シブコウ こと、渋谷公会堂が2015年10月4日閉鎖された。老朽化により建替え工事を行うためだ。大型集客施設である埼玉アリーナ、横浜アリーナなども来年改修工事が予定されていて、都内及び近郊でも同様の理由で閉館・休業する施設が多くある。
 既に青山劇場、日本青年館、五反田ゆうぽうとなどが閉館し、これから日比谷公会堂や中野サンプラザホールなども改修予定となっている。そして昨年2月に紀伊國屋書店が運営するサザンシアターが閉館されると報道され、演劇界に衝撃が走ったが、現在は高島屋と契約更新合意で運営が可能となり一段落だ。
  しかしバレエやオペラ上演が可能な劇場が不足しているのも事実だ。劇場からの文化発信はどうなるのか、芸術の発表の場は必要だろう。これからの芸術分野において深刻な問題である。 

12191916_847884831977495_4688081918645295254_n[1].jpg

写真:閉館になった青山劇場の楽屋口

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。