So-net無料ブログ作成
検索選択

 劇団文化座 『大つごもり』 [演劇]

 『大つごもり』

 原作:樋口一葉 
 脚色:久保田万太郎 
 演出:原田一樹
 
 2010年 10月7日 ~ 10月17日
 次世代を担う演劇人育成公演
  於:劇団文化座アトリエ

 
 明治の中頃、東京は芝白金台町の地主である山村嘉兵衛宅が舞台。
 大晦日の一日。
 下女のみね(水原葵)が土間(台所)で忙しく働いている。そこに、石之介(嘉兵衛の長男)皆川和彦がふらっと現れ、芝居は進展して行きます。

 小劇場ながら、舞台装置は写実を意識し明治の家屋を表現していましたが、随所にもう少し生活環を施せばよかったのではないだろうか。全体的に綺麗過ぎましたね。蔵(大金庫)の扉や土間の簀など少し汚しをかけても良かったのでは。また、土間には、火の用心の張り紙や日めくりなどがあっても良かったですね。それから季節(寒さ)が感じられませんでした。音や雪での効果はありましたが。
 土間に釜戸があったにもかかわらず、有効利用されていませんでしたね。照明で種火がついているように見せれば暖をとる演技も出来たことでしょう。長火鉢も同様ですね。説明的な演技にする必要は無いのですが、丁寧な演出で創りあげればもっと観客は入りこめたのではないでしょうか。一幕・短編でストーリーも分かりやすい。このような芝居を受け継いでいくことも大事でしょう。井戸製作ご苦労様でした。出演者の皆様お疲れ様でした。

 キャスト
 山村嘉兵衛(地主)… 青木 和宣     あ や(嘉兵衛の後添)… 阿部 敦子   
 石之助(嘉兵衛の長男)… 皆川 和彦*    せつ子(嘉兵衛の次女)… 高橋 未央*
 初 代(嘉兵衛の三女)… 飯見 沙織     み ね(山村の下女)… 水原 葵*
 し ん(みねの伯母)… 瀧澤 まどか    三之助(しんの倅)… 大野 拓(子 役)
 宇太郎(出入りの仕事師)… 梅田 崇*    車 夫… 藤原 章寛
                                           *は育成対象者
10月9日観劇
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 1

天狼

私も先日、観に行きました。
先生のご意見、しっかりと劇団に届けたいと思います。
ありがとうございました。

by 天狼 (2010-10-14 23:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。